飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

抜群の安定感を誇るソーセージは全方位型「場持ち師匠」

公開日: 更新日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。うちの近所では桜の花もすっかり散り、暖かくなってまいりました。バーベキューにもちょうど良い気候になりましたね。急になに? こりゃ失敬。なにを隠そう私、飯尾和樹はバーベキュー、そうBBQがほとんど詳しくありません! じゃ、シャシャリ出てこないで? いえいえ、だ・か・ら、こそなんですよ。初心者だからこそBBQにふさわしい食材を皆さんにご紹介します。ずばり、「場持ち師匠」ことウインナーソーセージ&フランクフルトです。

 アウトドアにそんなに詳しくないメンバーでの河原BBQ。火が弱く、生焼きの肉に加えて、カレーのニンジンも硬くてガリガリでーす状態。お腹もすいてちょいとイライラムード。そんな時はよっ出ました! 場持ち師匠! ウインナーソーセージやフランクフルトはすぐに焼けるだけでなく、苦手な人が少ない上にご飯、パン、ビール、焼酎、ハイボール、ポンジュース……なんにでも合います。自分の場合、多少生でも作業しながら食べられちゃう全方位型の食材です。そうそう、たま~に弁当を作る時もおにぎり2個に卵焼き。もうひとつ何か欲しいなぁ~しかも1分程度で作れるもの……なんて時だって、よっ出ました! 場持ち師匠! ササッと焼くOR茹でて抜群のうまさに安定感。冷めてもおいしい!!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る