飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

抜群の安定感を誇るソーセージは全方位型「場持ち師匠」

公開日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。うちの近所では桜の花もすっかり散り、暖かくなってまいりました。バーベキューにもちょうど良い気候になりましたね。急になに? こりゃ失敬。なにを隠そう私、飯尾和樹はバーベキュー、そうBBQがほとんど詳しくありません! じゃ、シャシャリ出てこないで? いえいえ、だ・か・ら、こそなんですよ。初心者だからこそBBQにふさわしい食材を皆さんにご紹介します。ずばり、「場持ち師匠」ことウインナーソーセージ&フランクフルトです。

 アウトドアにそんなに詳しくないメンバーでの河原BBQ。火が弱く、生焼きの肉に加えて、カレーのニンジンも硬くてガリガリでーす状態。お腹もすいてちょいとイライラムード。そんな時はよっ出ました! 場持ち師匠! ウインナーソーセージやフランクフルトはすぐに焼けるだけでなく、苦手な人が少ない上にご飯、パン、ビール、焼酎、ハイボール、ポンジュース……なんにでも合います。自分の場合、多少生でも作業しながら食べられちゃう全方位型の食材です。そうそう、たま~に弁当を作る時もおにぎり2個に卵焼き。もうひとつ何か欲しいなぁ~しかも1分程度で作れるもの……なんて時だって、よっ出ました! 場持ち師匠! ササッと焼くOR茹でて抜群のうまさに安定感。冷めてもおいしい!!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る