• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

抜群の安定感を誇るソーセージは全方位型「場持ち師匠」

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。うちの近所では桜の花もすっかり散り、暖かくなってまいりました。バーベキューにもちょうど良い気候になりましたね。急になに? こりゃ失敬。なにを隠そう私、飯尾和樹はバーベキュー、そうBBQがほとんど詳しくありません! じゃ、シャシャリ出てこないで? いえいえ、だ・か・ら、こそなんですよ。初心者だからこそBBQにふさわしい食材を皆さんにご紹介します。ずばり、「場持ち師匠」ことウインナーソーセージ&フランクフルトです。

 アウトドアにそんなに詳しくないメンバーでの河原BBQ。火が弱く、生焼きの肉に加えて、カレーのニンジンも硬くてガリガリでーす状態。お腹もすいてちょいとイライラムード。そんな時はよっ出ました! 場持ち師匠! ウインナーソーセージやフランクフルトはすぐに焼けるだけでなく、苦手な人が少ない上にご飯、パン、ビール、焼酎、ハイボール、ポンジュース……なんにでも合います。自分の場合、多少生でも作業しながら食べられちゃう全方位型の食材です。そうそう、たま~に弁当を作る時もおにぎり2個に卵焼き。もうひとつ何か欲しいなぁ~しかも1分程度で作れるもの……なんて時だって、よっ出ました! 場持ち師匠! ササッと焼くOR茹でて抜群のうまさに安定感。冷めてもおいしい!!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る