飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

お盆に思う3、4歳の頃…散髪しただけで「褒めちぎり師匠」

公開日: 更新日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。ある朝、起きたてのむくんでる自分の顔を見て妻が言いました。

「厚揚げみたいだな」

 どなたかスリ生姜を添えていただけませんか! 確かに鏡に映る自分の顔は悔しいですが厚揚げでした……。でも、こんな飯尾家長男ですが、父方、母方両家の初孫で、祖父母はなんだって褒めちぎってくれました。ですから、今回は、褒めちぎり師匠です~。

 いまでも覚えてる3、4歳の頃。散髪した前髪は「スター・トレック」のスポック、またはアメリ並みに。いやっ。ドングリ頭で自宅に帰ると、よっ出ました!
褒めちぎり師匠! 玄関先で迎え入れてくれた祖父母は口を揃えて「あらっ男前になったね~。やっぱりハンサムだね~」と、髪を切っただけなのに、映画の宣伝で来日したトム・クルーズ以上のVIP待遇。玄関から居間までの短い廊下はカンヌ映画祭のレッドカーペットやパリコレのランウエーと化したのでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る