飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

お盆に思う3、4歳の頃…散髪しただけで「褒めちぎり師匠」

公開日: 更新日:

 ペッコリ45度、ずん飯尾和樹です。ある朝、起きたてのむくんでる自分の顔を見て妻が言いました。

「厚揚げみたいだな」

 どなたかスリ生姜を添えていただけませんか! 確かに鏡に映る自分の顔は悔しいですが厚揚げでした……。でも、こんな飯尾家長男ですが、父方、母方両家の初孫で、祖父母はなんだって褒めちぎってくれました。ですから、今回は、褒めちぎり師匠です~。

 いまでも覚えてる3、4歳の頃。散髪した前髪は「スター・トレック」のスポック、またはアメリ並みに。いやっ。ドングリ頭で自宅に帰ると、よっ出ました!
褒めちぎり師匠! 玄関先で迎え入れてくれた祖父母は口を揃えて「あらっ男前になったね~。やっぱりハンサムだね~」と、髪を切っただけなのに、映画の宣伝で来日したトム・クルーズ以上のVIP待遇。玄関から居間までの短い廊下はカンヌ映画祭のレッドカーペットやパリコレのランウエーと化したのでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  8. 8

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  9. 9

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  10. 10

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

もっと見る