飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

お盆に思う3、4歳の頃…散髪しただけで「褒めちぎり師匠」

公開日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。ある朝、起きたてのむくんでる自分の顔を見て妻が言いました。

「厚揚げみたいだな」

 どなたかスリ生姜を添えていただけませんか! 確かに鏡に映る自分の顔は悔しいですが厚揚げでした……。でも、こんな飯尾家長男ですが、父方、母方両家の初孫で、祖父母はなんだって褒めちぎってくれました。ですから、今回は、褒めちぎり師匠です~。

 いまでも覚えてる3、4歳の頃。散髪した前髪は「スター・トレック」のスポック、またはアメリ並みに。いやっ。ドングリ頭で自宅に帰ると、よっ出ました!
褒めちぎり師匠! 玄関先で迎え入れてくれた祖父母は口を揃えて「あらっ男前になったね~。やっぱりハンサムだね~」と、髪を切っただけなのに、映画の宣伝で来日したトム・クルーズ以上のVIP待遇。玄関から居間までの短い廊下はカンヌ映画祭のレッドカーペットやパリコレのランウエーと化したのでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る