飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

年上だと思ってたのに「あらっ自分もまあ~まあ~な師匠」

公開日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。今年の高校野球はこれまたドラマチックな展開がたくさんありましたね。子供の頃は高校球児がはるか大人に見えてました。だから審判に至っては、ほぼ全員が祖父ぐらいの感覚で、27~28歳の頃に「あれ? 高校球児って年下か~」と意識してはじめて、自分の年齢を認識した気がいたします。遅っ! 今回は「あらっ自分もまあ~まあ~な師匠」!です。

 某雑誌に、W杯ロシア大会のスペイン代表イエロ監督の特集が載ってまして。〈スター選手揃いの代表をひとつにできるのは長年携わってきた彼のスペインサッカーの経験が……〉なんて記事を読んでプロフィル欄で締めくくろうかと思った瞬間、飯尾家長男の目が三重まぶたに。よっ出ました! あらっ自分もまあ~まあ~な師匠! と、と、年下!? ひとつ年下! まあ自分がイエロ監督の年の頃は……って去年の話だよ! こっちはスターを束ねずスターの前で転んだついでに由美かおる! と、まあまあ~な声量で相も変わらずギャグしてました。先日もロケで、帰郷するとここの焼きそばを食べます。こちらは創業40年のお店でしてって……アナウンサーが滑舌よく紹介してくれた瞬間、よっ出ました! あらっ自分もまあ~まあ~な師匠! 10歳下。こちらはいまだに人の心に残らないギャグしか思いつかないのに自分より10年も早くすでに人の人生に欠かせない味を出してるなんて。自分も頭に軽く青のりかけてみようかな……って味の決め手は、青のりじゃないよ!

 そしてこれまたロケで訪れたとある学校。永遠の年上だと思ってた教頭先生がなんと3歳下でした~。皆さん、良い8月下旬を!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る