飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

年上だと思ってたのに「あらっ自分もまあ~まあ~な師匠」

公開日: 更新日:

 ペッコリ45度、ずん飯尾和樹です。今年の高校野球はこれまたドラマチックな展開がたくさんありましたね。子供の頃は高校球児がはるか大人に見えてました。だから審判に至っては、ほぼ全員が祖父ぐらいの感覚で、27~28歳の頃に「あれ? 高校球児って年下か~」と意識してはじめて、自分の年齢を認識した気がいたします。遅っ! 今回は「あらっ自分もまあ~まあ~な師匠」!です。

 某雑誌に、W杯ロシア大会のスペイン代表イエロ監督の特集が載ってまして。〈スター選手揃いの代表をひとつにできるのは長年携わってきた彼のスペインサッカーの経験が……〉なんて記事を読んでプロフィル欄で締めくくろうかと思った瞬間、飯尾家長男の目が三重まぶたに。よっ出ました! あらっ自分もまあ~まあ~な師匠! と、と、年下!? ひとつ年下! まあ自分がイエロ監督の年の頃は……って去年の話だよ! こっちはスターを束ねずスターの前で転んだついでに由美かおる! と、まあまあ~な声量で相も変わらずギャグしてました。先日もロケで、帰郷するとここの焼きそばを食べます。こちらは創業40年のお店でしてって……アナウンサーが滑舌よく紹介してくれた瞬間、よっ出ました! あらっ自分もまあ~まあ~な師匠! 10歳下。こちらはいまだに人の心に残らないギャグしか思いつかないのに自分より10年も早くすでに人の人生に欠かせない味を出してるなんて。自分も頭に軽く青のりかけてみようかな……って味の決め手は、青のりじゃないよ!

 そしてこれまたロケで訪れたとある学校。永遠の年上だと思ってた教頭先生がなんと3歳下でした~。皆さん、良い8月下旬を!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る