飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

年上だと思ってたのに「あらっ自分もまあ~まあ~な師匠」

公開日: 更新日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。今年の高校野球はこれまたドラマチックな展開がたくさんありましたね。子供の頃は高校球児がはるか大人に見えてました。だから審判に至っては、ほぼ全員が祖父ぐらいの感覚で、27~28歳の頃に「あれ? 高校球児って年下か~」と意識してはじめて、自分の年齢を認識した気がいたします。遅っ! 今回は「あらっ自分もまあ~まあ~な師匠」!です。

 某雑誌に、W杯ロシア大会のスペイン代表イエロ監督の特集が載ってまして。〈スター選手揃いの代表をひとつにできるのは長年携わってきた彼のスペインサッカーの経験が……〉なんて記事を読んでプロフィル欄で締めくくろうかと思った瞬間、飯尾家長男の目が三重まぶたに。よっ出ました! あらっ自分もまあ~まあ~な師匠! と、と、年下!? ひとつ年下! まあ自分がイエロ監督の年の頃は……って去年の話だよ! こっちはスターを束ねずスターの前で転んだついでに由美かおる! と、まあまあ~な声量で相も変わらずギャグしてました。先日もロケで、帰郷するとここの焼きそばを食べます。こちらは創業40年のお店でしてって……アナウンサーが滑舌よく紹介してくれた瞬間、よっ出ました! あらっ自分もまあ~まあ~な師匠! 10歳下。こちらはいまだに人の心に残らないギャグしか思いつかないのに自分より10年も早くすでに人の人生に欠かせない味を出してるなんて。自分も頭に軽く青のりかけてみようかな……って味の決め手は、青のりじゃないよ!

 そしてこれまたロケで訪れたとある学校。永遠の年上だと思ってた教頭先生がなんと3歳下でした~。皆さん、良い8月下旬を!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る