飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

タイ人の父と日本人の母から生まれた…「なりきり師匠」

公開日: 更新日:

 ペッコリ45度、ずん飯尾和樹です。暑い日々が続きますが、水分と塩分補給を十分にしてますか? 自分は外を歩いてる時は、ひっからびて、おっさんの干物にならないように、日陰から木陰へと父親譲りのО脚でスタスタと飛べないムササビ作戦を実施中なんですが、陰の類いが全くない道もありますね。そこで以前、試したのが、太陽大好き「ひまわりになりきる」作戦です。でもって、作戦の結果発表~。ハイ。5、6歩で断念です! そもそも、暑すぎてひまわりのように太陽を直視できない。そして真っ先に、30メートル先の涼しい喫茶店へ避難。カランコロ~ンと呼び鈴が鳴る戸をくぐり、お冷やの氷をシロクマ並みに求めました。ごくまれに(?)こんな失敗もありますが、自分の中には「なりきり師匠」がいます!

 タイでの食ロケで当然のように出てくるパクチー。あの鼻に抜けるツンモア~ッとした香りがどうも苦手なんですが、テーブルに運ばれてきた瞬間、よっ出ました! なりきり師匠! 自分はオーソドックスにタイ人の父と日本人の母から生まれたハーフだとなりきりスイッチオン。だって、目の前のパクチーだらけの料理は、Ms.タイ2017の美人妻が作ったというおまけ付き! 異国情緒も手伝ってか、バクバク食べられました!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  10. 10

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

もっと見る