飯尾和樹
著者のコラム一覧
飯尾和樹

1968年、東京生まれ。お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。小さめの目と大きめの耳とカリフラワーとパクチーが苦手な舌と、10代、20代で培った女性に告白してもこりゃちょっと振られるなと分かる察知能力を持つ48歳。

タイ人の父と日本人の母から生まれた…「なりきり師匠」

公開日:

 ペッコリ45度、ずんの飯尾和樹です。暑い日々が続きますが、水分と塩分補給を十分にしてますか? 自分は外を歩いてる時は、ひっからびて、おっさんの干物にならないように、日陰から木陰へと父親譲りのО脚でスタスタと飛べないムササビ作戦を実施中なんですが、陰の類いが全くない道もありますね。そこで以前、試したのが、太陽大好き「ひまわりになりきる」作戦です。でもって、作戦の結果発表~。ハイ。5、6歩で断念です! そもそも、暑すぎてひまわりのように太陽を直視できない。そして真っ先に、30メートル先の涼しい喫茶店へ避難。カランコロ~ンと呼び鈴が鳴る戸をくぐり、お冷やの氷をシロクマ並みに求めました。ごくまれに(?)こんな失敗もありますが、自分の中には「なりきり師匠」がいます!

 タイでの食ロケで当然のように出てくるパクチー。あの鼻に抜けるツンモア~ッとした香りがどうも苦手なんですが、テーブルに運ばれてきた瞬間、よっ出ました! なりきり師匠! 自分はオーソドックスにタイ人の父と日本人の母から生まれたハーフだとなりきりスイッチオン。だって、目の前のパクチーだらけの料理は、Ms.タイ2017の美人妻が作ったというおまけ付き! 異国情緒も手伝ってか、バクバク食べられました!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る