クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

汚れたミルク/あるセールスマンの告発(2014年・印、仏、英)

公開日: 更新日:

 貧しいパキスタン人アヤンは結婚後、ダメモトで受けた世界的飲料企業の採用試験に合格。持ち前の行動力でトップセールスマンに。

 だが、必死で病院に売り込んだ粉ミルクが原因で、多数の乳児が死亡している事実が判明。骨と皮だけで体中にチューブをつけられた乳児たち。そのシーンは実際の映像が流れ、胸が痛む。

 衝撃を受けた彼は、裕福な暮らしを捨て、辞職して会社を訴えるが、家族が危険な目に。葛藤する夫に妻が投げた励ましの言葉だ。

 巨大企業の不正に勇気をもって立ち向かう内部告発だが、劇中、上司の指示で取引先に日常的に賄賂や付け届けをして業績を上げていたことが分かる。しかも、被告の企業との金銭取引に応じようとしていたテープが発覚し……。

 くさいものにフタで、会社の汚点に目をつむっている人は、身につまされるだろう。正直、モヤモヤする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る