クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年、英・仏・ベルギー)

公開日:

 アラ還の大工ダニエルは心臓病で、仕事はドクターストップ。国の手当を受けるため福祉事務所に赴くが、融通の利かない職員の対応にイラッとする。

 そんな中、職員からぞんざいにされたシングルマザーの移民美女に同情。自らも助けが必要なのに、事あるごとに世話を焼く。行政はどこまでも冷たく、ついに彼女は風俗へ。そんな彼女に投げかけた言葉だ。

 日本にもある役所の横柄な態度。ダニエルは日本人の気質に通じるオヤジで共感しやすい。彼女たちの役に立とうと交流を深めていく過程が淡々と描かれる。

 衝撃は、彼女が福祉グループから日用品や食材の配給をもらいに行ったシーン。パスタソースを受け取った瞬間、缶詰のフタを開けて、手ですくい上げてガバッと口に入れる。子供に「ママはお腹いっぱいだから」と食事をあげていただけに、一瞬、何が何だか分からなくなる。それくらい差し迫った演技だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る