• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

夜明けの祈り(2016年・仏国/ポーランド)

 1945年12月、ポーランドのフランス赤十字で働く女医マチルドの元に、若いシスターが助けを求めて駆け込んでくる。ソ連軍の兵士による蛮行で仲間7人が妊娠。それが公になれば修道院の恥。閉鎖を恐れた院長は、女医に他言無用を約束させて、処置に当たらせる。

 禁断の僧院で次々に産声を上げる新しい命。神への忠誠から貞節を誓ったはずのシスターだが、赤ん坊を目の当たりに母性が目覚める。が、厳格な院長は不浄を嫌い、赤ん坊を養子に出すと主張し、赤ん坊を捨て去ってしまう。そのショックで飛び降り自殺した仲間が出たほどだ。

 シスターの中で姉御肌のマリアは、修道院に来るまで遊んでいて、処女ではない。ソ連軍の蛮行を免れたことで、妊娠した仲間を看護する。女医をサポートしながら、2人は次第に打ち解け合っていく。そんなマリアがこぼした言葉だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事