クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

夜明けの祈り(2016年・仏国/ポーランド)

公開日:

 1945年12月、ポーランドのフランス赤十字で働く女医マチルドの元に、若いシスターが助けを求めて駆け込んでくる。ソ連軍の兵士による蛮行で仲間7人が妊娠。それが公になれば修道院の恥。閉鎖を恐れた院長は、女医に他言無用を約束させて、処置に当たらせる。

 禁断の僧院で次々に産声を上げる新しい命。神への忠誠から貞節を誓ったはずのシスターだが、赤ん坊を目の当たりに母性が目覚める。が、厳格な院長は不浄を嫌い、赤ん坊を養子に出すと主張し、赤ん坊を捨て去ってしまう。そのショックで飛び降り自殺した仲間が出たほどだ。

 シスターの中で姉御肌のマリアは、修道院に来るまで遊んでいて、処女ではない。ソ連軍の蛮行を免れたことで、妊娠した仲間を看護する。女医をサポートしながら、2人は次第に打ち解け合っていく。そんなマリアがこぼした言葉だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る