片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

「オレは最初からわざわざ穴をあけた服は好きじゃなんだ」

公開日:

 新しい衣装を作る時には、「衣装なんだから派手じゃないとね」といつも言っていたという。

「テレビ収録で、大量のアクセサリーと衣装を前に、『これで売れたんだから、やらなきゃ手抜きと言われちゃう』と笑っていた。楽屋でメークをしている静かな姿は、きっと絵を描く時と同じ感性や遊び心があるのだろうなと感じさせます。鏡越しに自分と対話をして、ステージまでの助走をしているんだな、とも。私が楽屋を離れ、しばらく経って戻ってみると、その日の作品が仕上がってる、という感じでしょうか」

 衣装担当だった片岡さんには、こんな思い出もあるそうだ。

「清志郎さんの休養期、『病院の冷房対策に長袖の上着を買ってきてくれない?』と連絡を受けました。夏のことでしたから長袖がなかなか揃わなかった。私が用意した中の一着、穴やほつれが特徴のダメージ加工のジャケットを見て、『う~ん。最初からわざわざ着古したふうに穴を開けたりするのは、どうも好きじゃないんだよ、オレらの世代は』と。意外な、フツーのオジさんの一面をのぞかせたひと言でした」 (つづく)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る