片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

「オレは最初からわざわざ穴をあけた服は好きじゃなんだ」

公開日:

 清志郎のこだわりはグッズ制作にも表れた。制作には必ず関わり、出来上がったグッズは自らもよく着用していたという。

「2004年ごろ、清志郎さんの絵がグッズTシャツの全面に使われました。サンプルを一緒に確認した時、ハプニングが……。プリントインクのしぶきが襟にまではみ出ていた。グッズ担当者は『これは液だまりなので、実際の出来上がりとは違いますから』と説明。じっと見ていた清志郎さんは、にんまりとして『この液だまりがいい! このまま液だまりでいこう』と即決でした。清志郎さんは奇抜なものが好きですからね。髪を立てたり、派手な衣装を着たり、パンクに間違えられた時もあった。でも、レコード業界や評論家によるグラムロック、パンクなどの安易なカテゴリー分けなんてどこ吹く風と眼中にない。長く続いた低迷期から試行錯誤を重ねて、ギターをおいてハンドマイクに持ち替えるなど、“見せる”パフォーマーとしてファッショナブル路線に転換したことが、80年の大ブレークにつながったのだと思います。ギラギラに飾っていくこと、そこには、観客の目を楽しませ、売れるための答えを追求するしたたかな清志郎さんがいるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る