片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

「オレは最初からわざわざ穴をあけた服は好きじゃなんだ」

公開日: 更新日:

 清志郎のこだわりはグッズ制作にも表れた。制作には必ず関わり、出来上がったグッズは自らもよく着用していたという。

「2004年ごろ、清志郎さんの絵がグッズTシャツの全面に使われました。サンプルを一緒に確認した時、ハプニングが……。プリントインクのしぶきが襟にまではみ出ていた。グッズ担当者は『これは液だまりなので、実際の出来上がりとは違いますから』と説明。じっと見ていた清志郎さんは、にんまりとして『この液だまりがいい! このまま液だまりでいこう』と即決でした。清志郎さんは奇抜なものが好きですからね。髪を立てたり、派手な衣装を着たり、パンクに間違えられた時もあった。でも、レコード業界や評論家によるグラムロック、パンクなどの安易なカテゴリー分けなんてどこ吹く風と眼中にない。長く続いた低迷期から試行錯誤を重ねて、ギターをおいてハンドマイクに持ち替えるなど、“見せる”パフォーマーとしてファッショナブル路線に転換したことが、80年の大ブレークにつながったのだと思います。ギラギラに飾っていくこと、そこには、観客の目を楽しませ、売れるための答えを追求するしたたかな清志郎さんがいるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る