• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

「オレは最初からわざわざ穴をあけた服は好きじゃなんだ」

 清志郎のこだわりはグッズ制作にも表れた。制作には必ず関わり、出来上がったグッズは自らもよく着用していたという。

「2004年ごろ、清志郎さんの絵がグッズTシャツの全面に使われました。サンプルを一緒に確認した時、ハプニングが……。プリントインクのしぶきが襟にまではみ出ていた。グッズ担当者は『これは液だまりなので、実際の出来上がりとは違いますから』と説明。じっと見ていた清志郎さんは、にんまりとして『この液だまりがいい! このまま液だまりでいこう』と即決でした。清志郎さんは奇抜なものが好きですからね。髪を立てたり、派手な衣装を着たり、パンクに間違えられた時もあった。でも、レコード業界や評論家によるグラムロック、パンクなどの安易なカテゴリー分けなんてどこ吹く風と眼中にない。長く続いた低迷期から試行錯誤を重ねて、ギターをおいてハンドマイクに持ち替えるなど、“見せる”パフォーマーとしてファッショナブル路線に転換したことが、80年の大ブレークにつながったのだと思います。ギラギラに飾っていくこと、そこには、観客の目を楽しませ、売れるための答えを追求するしたたかな清志郎さんがいるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る