てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

一発屋こそ勝ち組…髭男爵の芸はレトルト食品級の"発明"だ

公開日:

 それが、今週取り上げる山田が語った「新ネタ禁止」だ。芸人は基本的に新ネタを求められ、その価値に重きを置かれる。だが、HGには考えがあった。

「一発屋の芸って懐メロ的な要素もあるじゃないですか。フォーって聴いたら2005年を思い出す。あの頃のまま聴きたい。変なアレンジはいらない」

 その言葉通り、髭男爵が、当時のまま「ルネッサンス!」とグラスを掲げると、信じられないくらい観客は盛り上がったのだ。

 髭男爵が「乾杯ネタ」を初めて行ったのは、04年。相方のひぐち君は「最初に山田に提案された時は、『こんなネタ、怒られるだろ!』と大反対した。だってツッコミが“ワイングラスで乾杯”ですよ?」(新潮社=山田ルイ53世著「一発屋芸人列伝」18年5月31日発売)と述懐する。


 山田も「若干の背徳感、罪悪感はあった」(同前)と告白する。キャラの皮をかぶっているが、実は正統派漫才を皮肉る漫才批評的な側面があるネタだからだ。だが、同時に山田には「誰もやったことがないネタ」ができたという高揚感があった。やがて進化したこの漫才で08年ごろ、大ブレークを果たすのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る