てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

一発屋こそ勝ち組…髭男爵の芸はレトルト食品級の"発明"だ

公開日: 更新日:

「“新ネタ禁止”は、お笑い界における発明やと思う」(山田ルイ53世/テレビ朝日「弁護士といっしょです」9月1日放送)

 若手芸人たちを前に番組で、一発屋芸人について講義を行った髭男爵の山田ルイ53世(43)。2015年に開催されたイベント「第1回一発屋オールスターズ選抜総選挙」は超満員の観客を動員し、大きな盛り上がりをみせた。その成功の裏には、発起人でもあるレイザーラモンHGの存在が大きかった、と山田は言う。

「一発屋=過去の人」というイメージは強い。それが集まっても、お客さんが来るわけがない、と周囲からは反対された。加えて参加する芸人たちを集めるのにも苦労した。このイベントに出ることは、自ら「一発屋」であることを認めることになるからだ。

 それでもHGは執念で直接芸人たちに出演交渉を続け、「一発屋オールスター」と呼ぶにふさわしいメンバーを集めた。それだけではない。HGは、このイベントに関してひとつのルールを作った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  4. 4

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  7. 7

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  10. 10

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

もっと見る