てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

一発屋こそ勝ち組…髭男爵の芸はレトルト食品級の"発明"だ

公開日:

「“新ネタ禁止”は、お笑い界における発明やと思う」(山田ルイ53世/テレビ朝日「弁護士といっしょです」9月1日放送)

 若手芸人たちを前に番組で、一発屋芸人について講義を行った髭男爵の山田ルイ53世(43)。2015年に開催されたイベント「第1回一発屋オールスターズ選抜総選挙」は超満員の観客を動員し、大きな盛り上がりをみせた。その成功の裏には、発起人でもあるレイザーラモンHGの存在が大きかった、と山田は言う。

「一発屋=過去の人」というイメージは強い。それが集まっても、お客さんが来るわけがない、と周囲からは反対された。加えて参加する芸人たちを集めるのにも苦労した。このイベントに出ることは、自ら「一発屋」であることを認めることになるからだ。

 それでもHGは執念で直接芸人たちに出演交渉を続け、「一発屋オールスター」と呼ぶにふさわしいメンバーを集めた。それだけではない。HGは、このイベントに関してひとつのルールを作った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る