てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

公開日: 更新日:

「安室さんに出会えたことで、私の人生は楽しく、素晴らしく、美しいものになってます」(イモトアヤコ日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」7月29日放送)

 今年9月16日に安室奈美恵が25年に及ぶ芸能生活に終止符を打ち、引退する。その安室の熱烈なファンを公言していたのが、「珍獣ハンター」として人気のイモトアヤコ(32)だ。彼女の引退を前に、ついに対面がかなったイモトが思いの丈を吐露した言葉を今週は取り上げる。

 イモトが安室に“出会った”のは小5の頃だという。それから20年、ずっと変わらず好きだった。安室やSPEEDに憧れたイモトはアイドル歌手を志し、中学生時代はモーニング娘。のオーディションにも応募した。

「クラスの中に一人はいるひょうきんなヤツ、それが私(笑)」(「高校生新聞オンライン」14年6月10日)と言うように、クラスでは目立つ存在だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る