てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

裏口疑惑の情けなさ笑う…爆問・太田の父親譲りの業と矜恃

公開日:

「頭きちゃってさぁ、頼むから記事差し止めたいくらい。800万払うから!」(太田光/テレビ朝日「爆問ファンド!マネーの成功グラフ¥」8月20日放送)

「週刊新潮」が報じた爆笑問題・太田光(53)の日本大学裏口入学疑惑。記事では、太田が敬愛する立川談志の名言「業の肯定」を引き合いに出しながら、勉強のできない太田を溺愛する父が800万を支払って裏口入学したとつづられている。それに対し、太田が「800万」というキーワードをネタにしつつ、反論した言葉を今週は取り上げたい。

 太田は記事発表後、この番組に限らず出演するテレビ、ラジオ、ライブで疑惑をネタにしつつ、否定している。特に自身のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)では、笑いを交えながら約45分以上にわたって反論を展開していた。

 談志や両親への思いを吐露する太田。何より、既に亡くなってしまい、「やっていない」と証明する術もない父親が、不正を働いたことにされたことへの怒りとやるせなさにあふれていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る