てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

悩んだ果てに…青山テルマが解いた「そばにいるね」の呪縛

公開日:

「『落ち込んだことあるんスか?』って来るんだけど、それってマジ、『水飲んだことあるんスか?』って聞いてるのと一緒なんだよ」(青山テルマ/フジテレビ「ボクらの時代」7月29日放送)

 2007年にメジャーデビューを果たし、翌年「そばにいるね」が大ヒット。その年の年末には「紅白歌合戦」にも出場したミュージシャンの青山テルマ(30)。その後、テレビではあまり目立った活躍はしていなかったものの、昨年あたりから明るく奔放で、サバサバした言動がバラエティー番組で注目されるようになった。

 そのキャラクターは圧倒的だ。例えば、かつて彼女もネットでの自分の評判を気にしていた時期があったという。「コイツなんてお洒落じゃない」という書き込みがあった。それを見て漢字に弱い青山は、「お酒、こぼしてないってこと?」と思い、褒め言葉と勘違い。「ウチお酒飲めねーしな。コイツわかってんな」とポジティブに受け止めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  7. 7

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る