てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

悩んだ果てに…青山テルマが解いた「そばにいるね」の呪縛

公開日:

「『落ち込んだことあるんスか?』って来るんだけど、それってマジ、『水飲んだことあるんスか?』って聞いてるのと一緒なんだよ」(青山テルマ/フジテレビ「ボクらの時代」7月29日放送)

 2007年にメジャーデビューを果たし、翌年「そばにいるね」が大ヒット。その年の年末には「紅白歌合戦」にも出場したミュージシャンの青山テルマ(30)。その後、テレビではあまり目立った活躍はしていなかったものの、昨年あたりから明るく奔放で、サバサバした言動がバラエティー番組で注目されるようになった。

 そのキャラクターは圧倒的だ。例えば、かつて彼女もネットでの自分の評判を気にしていた時期があったという。「コイツなんてお洒落じゃない」という書き込みがあった。それを見て漢字に弱い青山は、「お酒、こぼしてないってこと?」と思い、褒め言葉と勘違い。「ウチお酒飲めねーしな。コイツわかってんな」とポジティブに受け止めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る