てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

因縁の今田耕司も感服…テレビを知る中山秀征“出演数”の力

公開日:

「初めてこんな人とうまくいかないと思った。それまで楽しくやれば、なんとかなると思ってた」(中山秀征/フジテレビ「おかべろ」8月14日放送)

 かつて中山秀征(51)、今田耕司、常盤貴子、ナインティナインらが出演していた「殿様のフェロモン」(フジテレビ)という伝説の深夜番組があった。93年10月から94年3月に放送されたこの番組では「ハケ水車」などの名物企画が生まれたが、中山と今田の確執も生んだ。それを中山が回想して語った言葉を今週は取り上げたい。

 当時、中山は人気絶頂。レギュラーを14本も抱えていた。だから「殿様のフェロモン」は“14本目の番組”にすぎなかった。スタッフからも「楽しく酒を飲みながら女の子たちとワーキャーやってください」などと言われ気軽に引き受けた。だが、今田は違っていた。

 上京して「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジテレビ)以外、初のレギュラー。楽屋では集中するために電気を消して、シャドーボクシングをするなど「戦い」という意識だった。だから、仲良さげに中山のことを「ヒデちゃん」とは、かたくなに呼ぼうとしなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る