てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

因縁の今田耕司も感服…テレビを知る中山秀征“出演数”の力

公開日:

「初めてこんな人とうまくいかないと思った。それまで楽しくやれば、なんとかなると思ってた」(中山秀征/フジテレビ「おかべろ」8月14日放送)

 かつて中山秀征(51)、今田耕司、常盤貴子、ナインティナインらが出演していた「殿様のフェロモン」(フジテレビ)という伝説の深夜番組があった。93年10月から94年3月に放送されたこの番組では「ハケ水車」などの名物企画が生まれたが、中山と今田の確執も生んだ。それを中山が回想して語った言葉を今週は取り上げたい。

 当時、中山は人気絶頂。レギュラーを14本も抱えていた。だから「殿様のフェロモン」は“14本目の番組”にすぎなかった。スタッフからも「楽しく酒を飲みながら女の子たちとワーキャーやってください」などと言われ気軽に引き受けた。だが、今田は違っていた。

 上京して「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジテレビ)以外、初のレギュラー。楽屋では集中するために電気を消して、シャドーボクシングをするなど「戦い」という意識だった。だから、仲良さげに中山のことを「ヒデちゃん」とは、かたくなに呼ぼうとしなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る