てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

余地残す演技でたどり着いた 中村倫也のフワっとした魅力

公開日:

「仕事する周りの人に、いろんなあだ名とか異名をつけられるんですけど、『ひねくれ素直』って」(中村倫也/フジテレビ「ノンストップ!」8月9日放送)

 現在放送中のNHK朝ドラ「半分、青い。」で、ゆるふわで「ホイップクリームみたいな男子」の“マアくん”こと朝井正人を演じ、大きな注目を浴びた俳優の中村倫也(31)。同時期に放送、公開された作品では、ドラマ「崖っぷちホテル!」(日本テレビ)で競艇狂いのツンデレシェフ、「ミス・シャーロック」(Hulu)では、ちょっと抜けてる刑事、映画「孤狼の血」ではぶっ飛んだヤクザと、まったく雰囲気の違う役柄をこなした。

 以前から「カメレオン俳優」と称されるゆえんである。そんな中村が、共演者につけられたと、明かしたあだ名の逸話が今週の言葉だ。


 中村は小さい頃から、サッカーに夢中だったが、高1の頃、やめてしまった。ちょうど、そんなタイミングでスカウトを受けた。子供の頃から映画は好きだったが、まさか自分が映画の中の人になるなど想像もしていなかった。しかし、これも縁なのかと思い、養成所に入った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る