暇な石橋貴明が超多忙な鈴木保奈美に突き付けた2つの条件

公開日:

 石橋は「女性セブン」(9月13日号)に“主夫な今”と小バカにされていたが、最近の鈴木の“再ブレーク”に不愉快な思いを隠せなくなっているようだ。

■「元カレに会ってんじゃ…」

「ドラマ2本に出演する鈴木は、早朝から深夜まで家を空ける状態が続いています。暇を持て余している石橋は最近、鈴木に次のような提案をしたそうです。〈いくら撮影が押しても必ず家に戻ること(外泊は認めない)〉〈どんなに忙しくても必ず夕方には(自分に)1本電話を入れる〉というもの。まるで、定年退職して“家庭内管理職”になって、妻にヒンシュクを買っている夫です。全盛期の石橋を知っているだけに、なんだか寂しい気持ちになりました」(芸能関係者)

 石橋の残念な話はまだある。ある後輩芸人によると、石橋は「まさかとは思うけど、うちの嫁さん(鈴木)、湾岸(スタジオ)に行って、元カレ(昔、鈴木との交際が話題になった有名テレビマン)と会ってんじゃねえだろうなぁ」と本音ともつかない言葉を冗談まじりに漏らすことがあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る