暇な石橋貴明が超多忙な鈴木保奈美に突き付けた2つの条件

公開日:

 石橋は「女性セブン」(9月13日号)に“主夫な今”と小バカにされていたが、最近の鈴木の“再ブレーク”に不愉快な思いを隠せなくなっているようだ。

■「元カレに会ってんじゃ…」

「ドラマ2本に出演する鈴木は、早朝から深夜まで家を空ける状態が続いています。暇を持て余している石橋は最近、鈴木に次のような提案をしたそうです。〈いくら撮影が押しても必ず家に戻ること(外泊は認めない)〉〈どんなに忙しくても必ず夕方には(自分に)1本電話を入れる〉というもの。まるで、定年退職して“家庭内管理職”になって、妻にヒンシュクを買っている夫です。全盛期の石橋を知っているだけに、なんだか寂しい気持ちになりました」(芸能関係者)

 石橋の残念な話はまだある。ある後輩芸人によると、石橋は「まさかとは思うけど、うちの嫁さん(鈴木)、湾岸(スタジオ)に行って、元カレ(昔、鈴木との交際が話題になった有名テレビマン)と会ってんじゃねえだろうなぁ」と本音ともつかない言葉を冗談まじりに漏らすことがあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る