90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

公開日: 更新日:

 オウム真理教の元教祖、麻原彰晃ら7人の死刑が執行された今月は、ある動画がネットユーザーの耳目を集めた。とんねるず日本テレビ系バラエティー「生でダラダラいかせて!!」が麻原元死刑囚をゲストとして生出演させ、高校生からの恋愛質問などを投げかけている番組映像(写真)だ。ときは1990年代初頭、好きな女優はいるかとの問いに「秋吉久美子が好きだった」と麻原が答えると、オオーッとざわめきが起こり、自分たちには遠い存在の文化人か何かを身近に感じて喜んでいたのである。

 中高年世代にはお分かりだと思うが、とんねるずはやりたい放題であった。1985年に深夜番組「オールナイトフジ」でデビュー曲「一気!」を熱唱しつつ、石橋貴明がカメラマンに突進して高額なカメラを倒し、ぶっ壊したのにはじまり、別の番組中、飯島直子に「胸、触らせて」などと迫り、揉んだとか、「みなさんのおかげです」の「近未来警察072」なるコーナーで、松嶋菜々子を四つん這いにさせて喘ぎ声を出させたり「こんなの初めて」などと言わせたり。小泉今日子を布団に寝かせ、添い寝した石橋が小泉に抱きついて体を小刻みに動かして「ごめんね、ごめんね」とやったり、挙げていったら切りがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  10. 10

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

もっと見る