• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

 オウム真理教の元教祖、麻原彰晃ら7人の死刑が執行された今月は、ある動画がネットユーザーの耳目を集めた。とんねるずの日本テレビ系バラエティー「生でダラダラいかせて!!」が麻原元死刑囚をゲストとして生出演させ、高校生からの恋愛質問などを投げかけている番組映像(写真)だ。ときは1990年代初頭、好きな女優はいるかとの問いに「秋吉久美子が好きだった」と麻原が答えると、オオーッとざわめきが起こり、自分たちには遠い存在の文化人か何かを身近に感じて喜んでいたのである。

 中高年世代にはお分かりだと思うが、とんねるずはやりたい放題であった。1985年に深夜番組「オールナイトフジ」でデビュー曲「一気!」を熱唱しつつ、石橋貴明がカメラマンに突進して高額なカメラを倒し、ぶっ壊したのにはじまり、別の番組中、飯島直子に「胸、触らせて」などと迫り、揉んだとか、「みなさんのおかげです」の「近未来警察072」なるコーナーで、松嶋菜々子を四つん這いにさせて喘ぎ声を出させたり「こんなの初めて」などと言わせたり。小泉今日子を布団に寝かせ、添い寝した石橋が小泉に抱きついて体を小刻みに動かして「ごめんね、ごめんね」とやったり、挙げていったら切りがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  7. 7

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  8. 8

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

もっと見る