90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

公開日:

 オウム真理教の元教祖、麻原彰晃ら7人の死刑が執行された今月は、ある動画がネットユーザーの耳目を集めた。とんねるずの日本テレビ系バラエティー「生でダラダラいかせて!!」が麻原元死刑囚をゲストとして生出演させ、高校生からの恋愛質問などを投げかけている番組映像(写真)だ。ときは1990年代初頭、好きな女優はいるかとの問いに「秋吉久美子が好きだった」と麻原が答えると、オオーッとざわめきが起こり、自分たちには遠い存在の文化人か何かを身近に感じて喜んでいたのである。

 中高年世代にはお分かりだと思うが、とんねるずはやりたい放題であった。1985年に深夜番組「オールナイトフジ」でデビュー曲「一気!」を熱唱しつつ、石橋貴明がカメラマンに突進して高額なカメラを倒し、ぶっ壊したのにはじまり、別の番組中、飯島直子に「胸、触らせて」などと迫り、揉んだとか、「みなさんのおかげです」の「近未来警察072」なるコーナーで、松嶋菜々子を四つん這いにさせて喘ぎ声を出させたり「こんなの初めて」などと言わせたり。小泉今日子を布団に寝かせ、添い寝した石橋が小泉に抱きついて体を小刻みに動かして「ごめんね、ごめんね」とやったり、挙げていったら切りがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る