次男が覚醒剤で4度目逮捕 三田佳子に生涯絡む過保護のツケ

公開日:

 舞台に出演したり、インディーズから歌手デビューするなど、2世タレントとして芸能活動もしてきた高橋。しかしここ数年は、きちんとした仕事もなく、家族を養って、食べていく生活費すら稼いでいなかったのではないか、というのである。高橋に援助を求められて三田が応じたのか、そんな息子をかわいそうに思った三田の過保護が、さらに働かない高橋にしてしまったのか。芸能プロデューサーの野島茂朗氏はこう言っている。

「高橋容疑者はよく、私も知っている元タレントのところなどに長電話をかけていました。寂しがりで、落ち着きがなかったそうです。他にも、女の子とデートして交通費として3万円渡していたりしていたというから、時間も遊ぶ金にも事欠かなかったことがうかがえます。実力派とされる2世俳優でも俳優業だけでは食べていけないと、40代となった今も撮影のない日は自分で作った弁当持参で土木工事の日雇いで汗を流しています。高橋容疑者がそういう苦労をしているという話は聞いたことがありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

もっと見る