次男が覚醒剤で4度目逮捕 三田佳子に生涯絡む過保護のツケ

公開日:

 歌手ASKAの覚醒剤事件の当時、有名芸能人はドラッグの売人たちに上客とみられ、狙われやすいとの説もあった。有名女優の2世でしかも金持ちとして、高橋も常に狙われていたのか。

「覚醒剤逮捕者に対して、更生や社会復帰などへのケアを日本の行政は全くしていません。有名人で、逮捕が報道されていたら、ちょっとしたアルバイトでも雇用してもらうのは難しい。また挙動不審などで、周囲からまた確実に覚醒剤をやっていると思われていても、警察や麻取は決定的な瞬間を掴んで現行犯逮捕に踏み込めそうになるまで動きません。つまり、覚醒剤で前科持ちの芸能人は社会的に抹殺される。逮捕か野放ししかないのです」(野島氏)

 だからといって、情状酌量の余地はまずないだろう。高橋は昨年、愛人関係にあるタレントへの暴力沙汰も報じられるなど覚醒剤以外にもトラブルだらけだからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る