次男が覚醒剤で4度目逮捕 三田佳子に生涯絡む過保護のツケ

公開日:

 歌手ASKAの覚醒剤事件の当時、有名芸能人はドラッグの売人たちに上客とみられ、狙われやすいとの説もあった。有名女優の2世でしかも金持ちとして、高橋も常に狙われていたのか。

「覚醒剤逮捕者に対して、更生や社会復帰などへのケアを日本の行政は全くしていません。有名人で、逮捕が報道されていたら、ちょっとしたアルバイトでも雇用してもらうのは難しい。また挙動不審などで、周囲からまた確実に覚醒剤をやっていると思われていても、警察や麻取は決定的な瞬間を掴んで現行犯逮捕に踏み込めそうになるまで動きません。つまり、覚醒剤で前科持ちの芸能人は社会的に抹殺される。逮捕か野放ししかないのです」(野島氏)

 だからといって、情状酌量の余地はまずないだろう。高橋は昨年、愛人関係にあるタレントへの暴力沙汰も報じられるなど覚醒剤以外にもトラブルだらけだからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る