暗殺未遂事件? 反プーチン大統領のバンドメンバーに毒か

公開日: 更新日:

 ドイツ・ベルリンの医師団は18日、ロシアのプーチン大統領批判で知られるパンクバンド「プッシー・ライオット」の男性メンバー、ピョートル・ベルジロフ(30)が毒を盛られた疑いがあると明らかにした。容体は回復しつつあり、命に別条はない。

 ピョートルは今月11日、モスクワの裁判所で何かを食べた後、目が見えなくなり、話すことや歩くこともできなくなった。当初、モスクワの病院の集中治療室に入院していたが、15日にベルリンの病院に搬送。ベルリンで記者会見した他のメンバーは「暗殺未遂事件だ」と主張した。

 ピョートルは、7月のサッカーW杯ロシア大会決勝で、ピッチに乱入して試合を中断させたメンバー4人のうちの1人。この事件への報復で毒を盛られたとの見方もでている。

 医師らが毒物の特定を急いでいるが、今のところ具体的な物質は判明していない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

もっと見る