• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トランプのような男を操るプーチンの能力が浮き彫りに

「共謀 トランプとロシアをつなぐ黒い人脈とカネ」ルーク・ハーディング著 高取芳彦、米津篤八、井上大剛訳/集英社/2018年3月

 2016年の米大統領選挙にロシア政府がトランプ当選に向けて干渉したのではないかというロシア疑惑は、現下米国における最大の政治問題だ。本書を読むと、トランプにはロシアとの関係で知られたくない事実がたくさんあることがわかる。

<過去四○年間にわたって、トランプが築いた不動産の王国は、モスクワからのブラックマネーの洗濯場としての役割を果たしてきた。旧ソ連の資金が分譲マンションや邸宅に流れ込んでいただけでなく、トランプがアイオワやニューハンプシャーで選挙活動をやっていたときですら、側近たちは念願のモスクワでのタワー建設に向けて、認可と資金援助を得るためにロシア政府と交渉していたのである。/ロイター通信の調査で、ロシア国籍のパスポートを所持する、あるいはロシア国内に住所を持つ、合計六三人の人物が、フロリダにある七つのトランプブランドのビルから、これまでに九八四○万ドル相当の物件を購入していることがあきらかになった>

 トランプがロシアのマフィアとビジネスで深い関係にあったことは、まず間違いない。

 著者のハーディングはこんな事実も明らかにした。

<トランプ・タワーはロシアンマフィアの避難所にもなっていた。ロシア本国では古いタイプのマフィアは、プーチンによって中央集権化した国家にテリトリーを奪われ、かつてシベリアの大地を闊歩していたマンモスがいなくなったのと同じように、徐々にその数を減らしつつあった。だが、ニューヨークであれば、身の安全を確保したうえで、国際的なしのぎができたのである。/ロシアマネーがトランプの収益を押し上げてきたのは間違いない>

 本書から浮かび上がってくるのは、大統領の犯罪というよりも犯罪者が大統領になったのではないかという印象だ。このような人物を最高指導者に選出するような米国の民主主義システム自体に病理が潜んでいると言わざるを得ない。それと同時に、トランプのような人物を巧みに操るロシアのプーチン大統領は類いまれなインテリジェンス能力を持っていることが浮き彫りになる。ロシアは実に怖い国だ。 ★★★(選者・佐藤優)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る