プーチン大統領の人気が急落 W杯の陰で姑息な政策を次々と

公開日:

 サッカーW杯が終わったロシアで、プーチン大統領人気が急落している。国民がW杯に熱狂しているドサクサに、庶民イジメの政策を次々とブチ上げたためだ。

 プーチンは政府の支配下にあるテレビ局を使って、国民の関心をW杯一色に“洗脳”する一方、年金支給年齢を段階的に引き上げる法案をこっそりと議会に提出。男性は現行60歳を65歳に、女性は現行55歳を63歳に引き上げるもので、高齢者には大打撃だ。法案が成立すると、平均寿命が約67歳のロシア男性の4割以上が、年金を1ルーブルも受け取ることなく死亡する計算になる。

 また、日本の消費税に近い付加価値税を、来年1月に現行18%から20%に引き上げる法案も提出されている。

 W杯の熱狂から覚めた国民はさすがに怒り心頭。最新の世論調査では、「次の日曜日に大統領選挙があったら誰に投票するか」という質問に、プーチンと答えた人は半数割れの49%。先月調査の62%から13ポイントの急落だ。

 W杯のドサクサに紛れて「残業代ゼロ法案」や「カジノ法案」「参院定数増法案」など国民に不人気な法案審議を強行した安倍首相にソックリ。どこの国の独裁者もやることは姑息だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る