夢と理想と現実…テーマパークダンサーの“ブラック”な実態

公開日: 更新日:

 子供たちの夢の職業としても人気の「テーマパークダンサー」だが、実はかなりのブラック職場なのだという。小中学校でダンスが必修化してはや10年、志願者は増えるばかりだが、給料は惨憺たるもの。外資系のテーマパークでは、パレードやステージに関わるキャストはここで働いていることや、給与の詳細などを明かすことがあれば契約違反で訴えられるというため内情が明るみに出ることはほとんどないが、あるテーマパークダンサーがこう言う。

「今、給料が高い順はピューロランド、USJ、ディズニーランドといわれています。やっと夢の職業に就けたと思ったら先輩に『実家暮らしでやっと。一人暮らししたらもう生活で終わるよ』と言われ、せいぜい月15万円くらいかと覚悟していたんですが、実際は週休2日で月給7万円ほど。学生時代のバイトの方がマシでした。リハーサルは閉園後だし、肉体的にハードな割に報われません。親にはダンスの専門学校の学費を2年間で200万円も払ってもらったのに申し訳ないです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  6. 6

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る