夢と理想と現実…テーマパークダンサーの“ブラック”な実態

公開日: 更新日:

 子供たちの夢の職業としても人気の「テーマパークダンサー」だが、実はかなりのブラック職場なのだという。小中学校でダンスが必修化してはや10年、志願者は増えるばかりだが、給料は惨憺たるもの。外資系のテーマパークでは、パレードやステージに関わるキャストはここで働いていることや、給与の詳細などを明かすことがあれば契約違反で訴えられるというため内情が明るみに出ることはほとんどないが、あるテーマパークダンサーがこう言う。

「今、給料が高い順はピューロランド、USJ、ディズニーランドといわれています。やっと夢の職業に就けたと思ったら先輩に『実家暮らしでやっと。一人暮らししたらもう生活で終わるよ』と言われ、せいぜい月15万円くらいかと覚悟していたんですが、実際は週休2日で月給7万円ほど。学生時代のバイトの方がマシでした。リハーサルは閉園後だし、肉体的にハードな割に報われません。親にはダンスの専門学校の学費を2年間で200万円も払ってもらったのに申し訳ないです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る