• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

下着の色まで規制 尾木ママも呆れた“ブラック校則”の実態

 教師が女子生徒の下着の色までチェック――。中・高校の“ブラック校則”の実態が物議を醸している。

 不合理な校則の見直しを求める「ブラック校則をなくそう!プロジェクト」に取り組む団体が校則に関するアンケート調査を実施。8日に結果を発表したが、「ホンマかいな?」とクビをひねりたくなる理不尽な校則が明らかになった。

 10代の人で、「整髪料を使ってはいけない」という校則を中学(時代)で体験したのは38.61%、高校(時代)は29.11%だった。「冬でも、ストッキングやタイツ、マフラーなどの防寒対策をしてはいけない」は中学で7.59%、高校で3.16%。「恋愛をしてはいけない」は中学、高校ともに1.27%。「スカートの長さが決められている」は中学で56.96%、高校で48.1%に上る。

 デップなどで髪形を整えるのも、寒い日にマフラーをするのも、異性を好きになるのもご法度。昔もヒドい校則はあったが、今のほうが理不尽さがエスカレートしている。要するに校則で生徒をがんじがらめにしたがる学校が存在するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る