桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

有働由美子「NEWS ZERO」を斬る 直球ニュースは似合わない

公開日:

 キャスター、有働由美子(49)の「news zero」(日本テレビ系)がスタートした。3月でNHKを退職し、この半年間は日本国内を飛び回っていたとか。29日「zeroスピンオフ 有働由美子って、ナニモノ?」では、360度撮影できるVRカメラを持ち歩いたプライベート旅行の様子を見せていた。

 東日本大震災の被災地を訪れ、八戸では「前NHKにいた有働と申します」とジジババの井戸端会議に交ざる。「NHK辞めたくなかったんですけどね。後輩に譲らなきゃいけないから。今度は管理職で勤務表つけたりとかになる。それだったら民放に行ってもいいから、もうちょっと現場でやりたいと思って」と。

「あさイチ」では脇汗もさらし、更年期の悩みもさらした。スピンオフではそんなふうに伸び伸びした有働が映っていた。

 本番はどうか。この日は本庶佑氏のノーベル医学生理学賞受賞というニュースが飛び込み、リハとは大幅な変更もあったのか、緊張しているのがわかった。入念なリハをやるNHKと違う民放のやり方に戸惑う有働。他の日も「日テレのカンペに慣れてない」とかなんとか言い訳を。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る