桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

「SUITS」と「コールドケース2」リメークのこの差はなぜだ

公開日: 更新日:

 あの「東京ラブストーリー」のカンチ&リカが27年ぶりに共演などと、始まる前から話題をさらっている織田裕二主演・新月9ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)。フタを開けてみれば織田演じる超エリート弁護士と中島裕翔演じる天才的な記憶力を持つフリーターがさまざまな訴訟を解決していく。

 確かに織田&保奈美の再共演だけがウリというのも不安だろうし、若い視聴者にアピールするためにも中島は不可欠。この保険作戦がうまくいって初回視聴率は14.2%を記録。しかし、2回目は11.1%と一気に3ポイントも落ちてしまった。下げ止まってくれるのか。

 これは全米でメガヒットしたドラマを原作にしている。英国ヘンリー王子を射止めたメーガン・マークルが出演したことでも話題になった。

 ちなみに、日本版では新木優子演じるパラリーガル役だ。米版は現在シーズン8が放送中で、今回はシーズン1をもとに描いているという。ということは、あわよくばシーズン8までやれるわけで、当たればテレ朝の「相棒」のように、安定して数字が取れるコンテンツとして大化けするかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  5. 5

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  6. 6

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  7. 7

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  8. 8

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  9. 9

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  10. 10

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

もっと見る