「いろとりどりの親子」監督が語るベストセラー本の映画化

公開日: 更新日:

 今週17日から公開となる米映画「いろとりどりの親子」(ロングライド配給)は、同性愛者や自閉症、ダウン症、低身長症といった社会が悪いイメージを抱きがちな違いを持つ子と親に迫ったドキュメンタリー作品だ。メガホンを取ったレイチェル・ドレッツィン監督(53)は、24カ国語に翻訳された大ベストセラー「FAR FROM THE TREE」(アンドリュー・ソロモン著)を映画化するにあたり、映像ならではの強みを意識したという。

 原作のタイトルは「The apple never falls far from thetree(リンゴは決して木から遠くには落ちない)」ということわざからもじって名付けられた。いわば「蛙の子は蛙」とは限らない、想像していた子供とは違う子供が生まれてきた親が異なるアイデンティティーを受け入れ、親子で共感をもって困難を乗り越えていく様子を描いたノンフィクション。多くの人々の心を打った作品だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る