「いろとりどりの親子」監督が語るベストセラー本の映画化

公開日:

 今週17日から公開となる米映画「いろとりどりの親子」(ロングライド配給)は、同性愛者や自閉症、ダウン症、低身長症といった社会が悪いイメージを抱きがちな違いを持つ子と親に迫ったドキュメンタリー作品だ。メガホンを取ったレイチェル・ドレッツィン監督(53)は、24カ国語に翻訳された大ベストセラー「FAR FROM THE TREE」(アンドリュー・ソロモン著)を映画化するにあたり、映像ならではの強みを意識したという。

 原作のタイトルは「The apple never falls far from thetree(リンゴは決して木から遠くには落ちない)」ということわざからもじって名付けられた。いわば「蛙の子は蛙」とは限らない、想像していた子供とは違う子供が生まれてきた親が異なるアイデンティティーを受け入れ、親子で共感をもって困難を乗り越えていく様子を描いたノンフィクション。多くの人々の心を打った作品だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る