“怖いもの見たさ”を刺激「ヴェノム」大ヒットのウラの戦略

公開日:

「スパイダーマン」シリーズの悪役を主人公にしたスピンオフ映画「ヴェノム」が大ヒットを記録している。初日から3日間で約40万人を動員し、興収6億円を記録。本家「スパイダーマン:ホームカミング」(17年)とほぼ同等の出だしで、最終的に20億円超えは確実といわれる。ヒットの要因と作品の魅力について、映画批評家の前田有一氏がこういう。

「洋画低調な時代に大健闘の成績です。ホラーではなくヒーロー映画なのに悪役、それも人間の脳みそを丸かじりする残虐な化け物が主人公という意外性。『カメ止め』のヒットもそうですが、こうした点が“怖いもの見たさ”を刺激し、アメコミファン以外にも広がったのでは。話も面白いし、カーチェイスなど見せ場の出来もいい。今後の伸びも期待できそうです」

 ジャーナリストのエディ・ブロック(トム・ハーディ)は、ライフ財団の人体実験疑惑を追及していたが、財団が研究していた地球外生命体のシンビオートに寄生され、やがて怪物ヴェノムと化してしまう。映画は“運命共同体”となったエディとヴェノムが、共通の敵を見つけ出し共に戦うまでを、ユーモアを交えつつホラー風味のド迫力アクションとして描く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る