“怖いもの見たさ”を刺激「ヴェノム」大ヒットのウラの戦略

公開日: 更新日:

「スパイダーマン」シリーズの悪役を主人公にしたスピンオフ映画「ヴェノム」が大ヒットを記録している。初日から3日間で約40万人を動員し、興収6億円を記録。本家「スパイダーマン:ホームカミング」(17年)とほぼ同等の出だしで、最終的に20億円超えは確実といわれる。ヒットの要因と作品の魅力について、映画批評家の前田有一氏がこういう。

「洋画低調な時代に大健闘の成績です。ホラーではなくヒーロー映画なのに悪役、それも人間の脳みそを丸かじりする残虐な化け物が主人公という意外性。『カメ止め』のヒットもそうですが、こうした点が“怖いもの見たさ”を刺激し、アメコミファン以外にも広がったのでは。話も面白いし、カーチェイスなど見せ場の出来もいい。今後の伸びも期待できそうです」

 ジャーナリストのエディ・ブロック(トム・ハーディ)は、ライフ財団の人体実験疑惑を追及していたが、財団が研究していた地球外生命体のシンビオートに寄生され、やがて怪物ヴェノムと化してしまう。映画は“運命共同体”となったエディとヴェノムが、共通の敵を見つけ出し共に戦うまでを、ユーモアを交えつつホラー風味のド迫力アクションとして描く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る