ムーア監督の新作「華氏119」はトランプを追い落とせるか

公開日: 更新日:

 アメリカでは11月6日の中間選挙を前に、文化・芸能界も激しい動きを見せている。“信者”というほど熱烈なファンが多い歌手のテイラー・スウィフトが、事実上の反トランプ宣言をしたかと思えば、以前から彼女と確執のあるラッパーのカニエ・ウェストは即座にトランプ支持を訴えた。

 そんな中、左派文化人の中でトランプ大統領の誕生をいち早く予測した映画監督マイケル・ムーアが、新作「華氏119」を引っ提げ参戦した。タイトルの数字は大統領選の投票日(16年11月9日)の意味。文字通り、トランプ政権を真っ向批判するドキュメンタリーだ。その製作背景を映画批評家の前田有一氏がこう解説する。

「かつてムーアは『華氏911』(04年)を、ブッシュ再選を阻むため大統領選に合わせて公開しました。今回、彼は“トランプについてだけの映画じゃない”などと言ってはいますが、あえてシンクロさせた題名から見ても、中間選挙におけるトランプ陣営への“刺客”として本作を準備したのは明らかでしょう。中身は、アポなし取材などいつものおちゃらけた演出は控えめ。大統領選の4カ月前、具体的な根拠とともにトランプ誕生を予測しながら防げなかった責任を感じているのか、本気でトランプを倒さんとする気迫を感じます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  7. 7

    19歳“金の卵”スチュワートはソフトBの熱意にほだされた

  8. 8

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    単身者は6割が「厳しい」と…年金生活で月5万円浮かすコツ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る