ムーア監督の新作「華氏119」はトランプを追い落とせるか

公開日: 更新日:

 アメリカでは11月6日の中間選挙を前に、文化・芸能界も激しい動きを見せている。“信者”というほど熱烈なファンが多い歌手のテイラー・スウィフトが、事実上の反トランプ宣言をしたかと思えば、以前から彼女と確執のあるラッパーのカニエ・ウェストは即座にトランプ支持を訴えた。

 そんな中、左派文化人の中でトランプ大統領の誕生をいち早く予測した映画監督マイケル・ムーアが、新作「華氏119」を引っ提げ参戦した。タイトルの数字は大統領選の投票日(16年11月9日)の意味。文字通り、トランプ政権を真っ向批判するドキュメンタリーだ。その製作背景を映画批評家の前田有一氏がこう解説する。

「かつてムーアは『華氏911』(04年)を、ブッシュ再選を阻むため大統領選に合わせて公開しました。今回、彼は“トランプについてだけの映画じゃない”などと言ってはいますが、あえてシンクロさせた題名から見ても、中間選挙におけるトランプ陣営への“刺客”として本作を準備したのは明らかでしょう。中身は、アポなし取材などいつものおちゃらけた演出は控えめ。大統領選の4カ月前、具体的な根拠とともにトランプ誕生を予測しながら防げなかった責任を感じているのか、本気でトランプを倒さんとする気迫を感じます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  10. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る