BTSめぐり罵詈雑言の応酬 日韓“暴走ファン”につける薬なし

公開日:

 暴走ファンの存在が日韓でほぼ同時に取り沙汰されている。日本では関ジャニ∞の大倉忠義(33)がブログで<その事だけを考えると、正直、行きたくなくなる気持ちが出てくる。すごく疲れてしまうし、怖い>などとし、こんな状況を明らかにした。

<僕らを見守ってくれているのではなく、執拗に追いかけてくる人たちがいます。僕達にぴったりくっつくことを目的に、周りが見えていなく 一般の方々にも体当たりをしたり、すごく迷惑をかけてしまっています>

 これらの行為は「やらかし」と呼ばれ、意中のタレントにいきなり抱きついたり、押し倒したりするのだという。大倉はかばんのなかにモノを入れられたりもしているそうで、なかには汚れた下着を押しこもうとするファンもいるらしい。こうしたファンは、相手が嫌がろうが怒ろうがお構いなし。「私を認識してくれた」と逆に喜んだりするそうだから、標的にされるタレントはたまったものじゃないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る