BTSめぐり罵詈雑言の応酬 日韓“暴走ファン”につける薬なし

公開日: 更新日:

 暴走ファンの存在が日韓でほぼ同時に取り沙汰されている。日本では関ジャニ∞の大倉忠義(33)がブログで<その事だけを考えると、正直、行きたくなくなる気持ちが出てくる。すごく疲れてしまうし、怖い>などとし、こんな状況を明らかにした。

<僕らを見守ってくれているのではなく、執拗に追いかけてくる人たちがいます。僕達にぴったりくっつくことを目的に、周りが見えていなく 一般の方々にも体当たりをしたり、すごく迷惑をかけてしまっています>

 これらの行為は「やらかし」と呼ばれ、意中のタレントにいきなり抱きついたり、押し倒したりするのだという。大倉はかばんのなかにモノを入れられたりもしているそうで、なかには汚れた下着を押しこもうとするファンもいるらしい。こうしたファンは、相手が嫌がろうが怒ろうがお構いなし。「私を認識してくれた」と逆に喜んだりするそうだから、標的にされるタレントはたまったものじゃないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  10. 10

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

もっと見る