長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

公開日:

 ママタレとして活躍中の小倉優子(35)の長男が、名門大学付属の難関私立小学校に合格。週刊女性が伝えたところによると、周囲のママたちから感嘆と称賛の声が上がっているそうだ。

 そのママのひとりは「小学校受験は『子どもより親』と言われ、タレント業と並行してお受験するのは精神的、体力的にすごく厳しかったと思います」と言い、お受験コンサルタントは同誌に「年間130万円以上とも言われる学費を高校卒業まで払える経済力が認められれば、シングルマザーでも問題はないです。ただ、小倉さんの息子が合格した学校は、筆記の1次試験合格者に保護者との2次面接がある。子どもと親がどれだけ自立しているかが問われるんです。(小倉は)テレビでの印象と違い、お受験にはとても熱心でしたよ」と語っている。

 有名私立小学校に合格する子どもたちは、両親が裕福で、しかも教育熱心な家庭で育った者が多い。経済力はもちろん、子どもの幼稚園や塾への送り迎え、学校説明会や勉強会といった行事にも出席する労力が親に求められる。それをタレント活動を続けながら、女手ひとつでやってのけたのだからすごい、というのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る