指原卒業で新スター誕生は? 求められる“AKB大改革”の機運

公開日:

 AKBグループ大空位時代の幕開けだ。15日に突如発表された指原梨乃(26)のHKT48卒業宣言――。指原はバラエティー番組では引く手あまたで“AKBの広告塔”としてだけでなく、HKTでは若手メンバーの“精神的支柱”として活躍。そんな指原の卒業はAKBグループ全体の存在を揺るがす大問題というわけである。

 芸能リポーターの川内天子氏は「さっしーを超えるスターが出てこなかったのは事実」としてこう続ける。

「彼女はずばぬけたセルフプロデュース力の持ち主。自身もハロプロファンだけにファン心理は熟知。さらに10代の頃からエゴサーチをしてファンが求めるもの、嫌いなものを徹底して分析する努力家です。HKTがAKB総選挙で大躍進したのも、そんな指原さんの背中を見ているからです。AKBグループとして指原さんに代わる人材が育っていないことは、運営側もメンバーもファンも危機感を覚えているのは確か。しかし、この危機感がメンバーやファンに主体性を持たせ、AKB全体を活性化させると思います。指原さんなき後は“雨後のたけのこ状態”で、逆にこれまで目立たなかった推しメンが突然神7に入る可能性もありうる。最初はトーク力も拙いかもしれませんが、新たなAKBの歴史がここから始まると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る