今や何でもアリ 「めしコミック」細分化を識者はどう見る

公開日:

 いま、食をテーマにした「めしコミック」(「めし漫画」、無差別に食欲をかき立てるため「飯テロ漫画」とも)がブームになっている。書店には中高年サラリーマンのバイブル「孤独のグルメ」をはじめ、さまざまなめしコミが並ぶ。

 たとえば、女性を主人公にした「ワカコ酒」、異業種とコラボした「侠飯(おとこめし)」や「将棋めし」、さらにはお取り寄せをテーマにした「おとりよせ王子 飯田好実」、同棲カップルが毎回薫製料理を作る「いぶり暮らし」という具合でマニアックなものまで多種多様なのだ。

 時代や舞台設定は現代日本にとどまらず、「勤番グルメ ブシメシ!」は江戸時代の藩士の日常の食生活を掘り下げる。「ダンジョン飯」は架空のRPGの世界にすむ魔物を調理して食べるという荒唐無稽さ。何でもアリだ。

■日本人が唯一熱く語れるテーマ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る