今や何でもアリ 「めしコミック」細分化を識者はどう見る

公開日:

 いま、食をテーマにした「めしコミック」(「めし漫画」、無差別に食欲をかき立てるため「飯テロ漫画」とも)がブームになっている。書店には中高年サラリーマンのバイブル「孤独のグルメ」をはじめ、さまざまなめしコミが並ぶ。

 たとえば、女性を主人公にした「ワカコ酒」、異業種とコラボした「侠飯(おとこめし)」や「将棋めし」、さらにはお取り寄せをテーマにした「おとりよせ王子 飯田好実」、同棲カップルが毎回薫製料理を作る「いぶり暮らし」という具合でマニアックなものまで多種多様なのだ。

 時代や舞台設定は現代日本にとどまらず、「勤番グルメ ブシメシ!」は江戸時代の藩士の日常の食生活を掘り下げる。「ダンジョン飯」は架空のRPGの世界にすむ魔物を調理して食べるという荒唐無稽さ。何でもアリだ。

■日本人が唯一熱く語れるテーマ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る