碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

18年“見るべきドラマ大賞”は石原さとみ「アンナチュラル」

公開日: 更新日:

 何にでも「平成最後」の冠が付くのが今年の歳末風景だが、このコラムも平成時代最後の拡大版である。今、2018年のドラマを振り返ってみると、各クールに見るべきドラマが存在したことに気づく。

 1月クールには広瀬すず主演「anone」(日本テレビ系)があった。脚本家の坂元裕二が親子や家族の本質を問いかける異色作だったが、石原さとみ主演「アンナチュラル」(TBS系)のインパクトに食われた感がある。こちらの脚本は「逃げ恥」などの野木亜紀子だ。まず、「不自然な死」というテーマと「不自然死究明研究所(UDIラボ)」という設定自体が斬新だった。沢口靖子の「科捜研の女」(テレビ朝日系)は警察組織の一部だが、こちらは民間組織で捜査権も逮捕権もない。ミコト(石原)たち法医解剖医は検査や調査を徹底的に行い、真相に近づいていく。

 物語の内容には高度な医学的専門知識が織り込まれていたが、説明不足だったり、逆に説明過多でうるさいこともない。脚本の野木と演出の塚原あゆ子の呼吸がピタリと合い、予測のつかない新感覚サスペンスを生み出していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る