井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキ

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

SNS炎上回避の大前提とは 抗議や批判も常識的な文章が肝心

公開日: 更新日:

 SNSとの距離感、なかんずく誤解や曲解を受けてしまった時、その振る舞い方は簡単ではない。友人知人と楽しくやりとりしているつもりでも、ネットの向こうには見知らぬ人だからこそ叩いて憂さ晴らししようと、手ぐすね引いている悪意のユーザーもいる。

 その意味では、社会のど真ん中で多様な他人と向き合っていくこと、それがSNSを利用する本質だともいえる。最近では粘着質でクレーマータイプのネットユーザーが目立つようになり、いったん炎上するとなかなか解放してもらえないことも少なくない。

 一生懸命に否定すれば、マズいことがあるからではないかと、さらなる誤解や曲解を誘ってしまう。放置すればしたで、グウの音も出ないからだと勝手に真実認定され、そこだけを切り取って面白おかしく拡散される。著名人ならなおさらである。

 自虐やへりくだりを言葉どおりに真に受ける、言葉尻だけを捉えて反発してくる、どちらの側からも同時に炎上させてくるケースも珍しくないだけに、いざ炎上すると対応も一筋縄ではいかなくなってきている。やはり、そもそも私情は挟まず端的に、余計なこと、知らせなくていいことは書かない(品良く、うかつに丸裸にはならない)のが大原則となる。炎上を回避しようとするなら、ごく常識的な文章、内容で発信するに越したことはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る