井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキ

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

SNSは伝統的な“建前と本音の使い分け”を実践する場である

公開日:

 うかつに本性を見せず、品良く、上品に振る舞う。社会人として当然、要求される「リテラシー」である。しかし、わざと丸裸になり、下品に振る舞うことで注目を引く炎上マーケティングも実際に行われていて、耳目を集めることも少なくないだけに、素直に金科玉条とも言えず、ややこしい。

 アメリカ人でポピュラー音楽のヒットメーカーであるクインシー・ジョーンズが今年2月、雑誌のインタビューで暴言を吐いて炎上した。だが、実は自身のドキュメンタリー映像の公開に合わせた炎上マーケティングだった可能性が濃厚だ。とはいえ、ジョーンズ側にすれば、逆に弱過ぎては炎上の意味もマーケティングのしがいもないのだから、むしろ面白おかしく盛るぐらいでないと話にならなかったのだろう。

 すでに亡くなったマイケル・ジャクソンはともかくも、プロモーションのために名指しでやり玉に挙げられたポール・マッカートニーやリンゴ・スターは気の毒の一言だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る