小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

テレ朝・松尾由美子アナの説得力 目は口ほどにモノを言う

公開日: 更新日:

診断結果は…【良】

 テレビ朝日系、朝の「グッド!モーニング」は7時前からその日の主要ニュースを報じるが、15日は流行期に入ったインフルエンザと平成最後の成人式を取り上げた。

 前者を紹介したのは坪井直樹とMCを務める松尾由美子。「身近なスマホにインフルエンザ感染拡大の危険性があるんです」と大きく見開いた目は「どういうこと?」と視聴者の興味・関心に訴えかけた。“目は口ほどにモノを言う”だ。「スマホに使われている金属やプラスチックに保湿性がないため、ウイルスが24時間以上生き続けている。スマホを持つ手や近づける顔から感染する」と専門家が解説。松尾の目が説得力を高めた。

 後者は「外国人の参加者が増えている」という切り口で伝えた。新宿区では参加者の45%が外国人。多彩な服装の外国人が式典前後に騒いでいる姿が映し出され、坪井の「私たちも多様な価値観を受け入れていくことが大切」に、松尾は元気に「はい!」とうなずいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る