関西で初発進「後妻業」佳乃vs多江“W木村”対決がカギ握る

公開日: 更新日:

 冬の民放GP帯の連ドラで最後発スタートとなった、木村佳乃主演「後妻業」(カンテレ制作・フジテレビ系=火曜夜9時)。22日放送の初回視聴率は2ケタには及ばなかったものの8・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、同枠の前作「僕らは奇跡でできている」と、前々作「健康で文化的な最低限度の生活」の7・6%を上回った。

「制作局であるカンテレのお膝元、関西地区での視聴率は13・7%と、関東地区を5%も上回る好発進でした。福井澄郎社長もゴキゲンだったようです」(テレビ誌ライター)

 原作は直木賞作家・黒川博行氏による同名小説。資産家の老人を狙った結婚詐欺で荒稼ぎする"後妻業"の女を描くブラックコメディーで、16年には大竹しのぶ主演で映画化もされた。木村佳乃はコテコテの関西弁やド派手な衣装に真っ赤な口紅で"悪女"役に張り切っているが、「映画版の大竹しのぶとは演技が雲泥の差」「木村佳乃や高橋克典の関西弁に違和感」など、初回放送後のネット上は辛口コメントが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る