ロッキー世代が感涙 映画「クリード 炎の宿敵」なぜ泣ける

公開日: 更新日:

 名作「ロッキー」の続編となる新シリーズ最新作「クリード 炎の宿敵」が中高年男性を中心に絶賛されている。映画興行ランキングでは圏外になってしまったが、ボクシング映画の歴代最高興収記録を持つ大ヒット作「ロッキー4/炎の友情」(85年)に連なるストーリーが、リアルタイムで見て熱くなったこの世代を泣かせるともっぱらの評判だ。映画批評家の前田有一氏もその出来栄えを高く評価する。

「ロッキーシリーズの評価は5作目の失敗で一時失墜しましたが、生みの親のシルベスター・スタローンは『ロッキー・ザ・ファイナル』(06年)で完結編を作り直し、親友アポロの息子に後継者を託した『クリード チャンプを継ぐ男』(15年)の大ヒットで完全復活しました。米国ではこの2作目も絶賛され、感謝祭シーズンの実写オープニング興収の歴代新記録を達成したほど。中身は34年ぶりとなる『4』の続編で、登場人物のその後が重厚なドラマとして描かれ、大人でも見ごたえ十分です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る