ロッキー世代が感涙 映画「クリード 炎の宿敵」なぜ泣ける

公開日: 更新日:

 名作「ロッキー」の続編となる新シリーズ最新作「クリード 炎の宿敵」が中高年男性を中心に絶賛されている。映画興行ランキングでは圏外になってしまったが、ボクシング映画の歴代最高興収記録を持つ大ヒット作「ロッキー4/炎の友情」(85年)に連なるストーリーが、リアルタイムで見て熱くなったこの世代を泣かせるともっぱらの評判だ。映画批評家の前田有一氏もその出来栄えを高く評価する。

「ロッキーシリーズの評価は5作目の失敗で一時失墜しましたが、生みの親のシルベスター・スタローンは『ロッキー・ザ・ファイナル』(06年)で完結編を作り直し、親友アポロの息子に後継者を託した『クリード チャンプを継ぐ男』(15年)の大ヒットで完全復活しました。米国ではこの2作目も絶賛され、感謝祭シーズンの実写オープニング興収の歴代新記録を達成したほど。中身は34年ぶりとなる『4』の続編で、登場人物のその後が重厚なドラマとして描かれ、大人でも見ごたえ十分です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る