てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

「すぐに帰ろうと」福岡を愛する博多華丸が上京を決めた日

公開日: 更新日:

「いつか、東京のテレビで博多弁をしゃべりたいっていうのが、僕の最初の目標」(博多華丸/フジテレビ「ボクらの時代」1月20日放送)

 博多華丸・大吉といえば、その名の通り、福岡を愛するコンビ。漫才でも博多弁を使っている。その理由を聞かれた博多華丸(48=写真)は「もう完全に陣内孝則さん(の影響)です」と同郷の先輩の名を挙げた。

 陣内が主演した1989年のフジテレビの月9ドラマ「愛しあってるかい!」。そこで「博多から明太子ば届いとるけん、食うばい」などと博多弁で掛け合っていたのだ。華丸がそれを見て掲げた目標を語った言葉を今週は取り上げたい。

 福岡愛が強いコンビのうち、特に華丸にはそのイメージが強い。だが、先に福岡から出たいと言い出したのは華丸だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る