てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

「すぐに帰ろうと」福岡を愛する博多華丸が上京を決めた日

公開日: 更新日:

「いつか、東京のテレビで博多弁をしゃべりたいっていうのが、僕の最初の目標」(博多華丸フジテレビ「ボクらの時代」1月20日放送)

 博多華丸・大吉といえば、その名の通り、福岡を愛するコンビ。漫才でも博多弁を使っている。その理由を聞かれた博多華丸(48=写真)は「もう完全に陣内孝則さん(の影響)です」と同郷の先輩の名を挙げた。

 陣内が主演した1989年のフジテレビの月9ドラマ「愛しあってるかい!」。そこで「博多から明太子ば届いとるけん、食うばい」などと博多弁で掛け合っていたのだ。華丸がそれを見て掲げた目標を語った言葉を今週は取り上げたい。

 福岡愛が強いコンビのうち、特に華丸にはそのイメージが強い。だが、先に福岡から出たいと言い出したのは華丸だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  6. 6

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  7. 7

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  8. 8

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    内閣総理大臣杯を八角理事長が代読とは、どういうわけだ?

もっと見る