特別編<5>「やすらぎの郷」オーディションは平均台の上で

公開日: 更新日:

碓井 出演者オーディションの開催が話題となりましたが、応募総数が約5000人とは驚きました。その中から最終的に34人まで絞り込んだそうですが、どのような選考をしたのですか。

倉本 たとえば平均台を渡らせたんです。

碓井 学校の体育や体操競技でお馴染みのあの平均台ですか?

倉本 ええ。平均台を地上から3メートルの高さにある細い道だと想定し、それをだんだん高くする。平均台の上で男と女が歌いながら途中ですれ違うというシーンなんかをやらせるわけです。そうするとね、歩けなくなるやつも出てくるし、歌唱力で相手を圧倒するやつが出てきたりして、普段のオーディションでは見られない感性や個性が見えて面白いんですよ。

碓井 そんな難関をくぐり抜けた合格者リストを見るといろいろな名前がありますね。アイドルグループ出身とか、2世タレントとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る