特別編<1>“1度エンジンが止まったら最後”という思いで…

公開日: 更新日:

 2017年に放送され、大好評だった帯ドラマ劇場「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)。その続編にあたる「やすらぎの刻(とき)~道」が4月からスタートする。放送開始を前に執筆舞台裏やドラマに登場する女優陣のエピソードなどを、脚本家の倉本聰氏に碓井広義氏(上智大教授・メディア文化論=写真左)が直撃。真っ白な雪に覆われた富良野のアトリエで行われた3時間を超えるロングインタビュー、5回連載でお届けする。

碓井 最近は1クール(3カ月)のドラマでも撮影前に台本が出来上がっているケースは珍しいですが、1年間かけて放送される新作は、全235話を書き終えたと伺っています。前代未聞ですよ。

倉本 2017年の12月中旬から書き始めて、昨年の11月1日に終えました。途中入院した時期もありましたが、全部で原稿用紙4700枚。大河ドラマでいえば、2年分の分量になるのかな。こんなに長い時間をかけて書いたのも初めてでしたが、一度エンジンが止まったら最後という思いで書き進めました。1日5箱のたばこを吸いながらね。そうそう、書き上げたお祝いにプロデューサーが僕が吸っている銘柄のたばこを235箱、プレゼントしてくれたんですよ。都内のあちこちを駆けずり回って苦労して集めたそうです(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る