特別編<1>“1度エンジンが止まったら最後”という思いで…

公開日: 更新日:

 2017年に放送され、大好評だった帯ドラマ劇場「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)。その続編にあたる「やすらぎの刻(とき)~道」が4月からスタートする。放送開始を前に執筆舞台裏やドラマに登場する女優陣のエピソードなどを、脚本家の倉本聰氏に碓井広義氏(上智大教授・メディア文化論=写真左)が直撃。真っ白な雪に覆われた富良野のアトリエで行われた3時間を超えるロングインタビュー、5回連載でお届けする。

碓井 最近は1クール(3カ月)のドラマでも撮影前に台本が出来上がっているケースは珍しいですが、1年間かけて放送される新作は、全235話を書き終えたと伺っています。前代未聞ですよ。

倉本 2017年の12月中旬から書き始めて、昨年の11月1日に終えました。途中入院した時期もありましたが、全部で原稿用紙4700枚。大河ドラマでいえば、2年分の分量になるのかな。こんなに長い時間をかけて書いたのも初めてでしたが、一度エンジンが止まったら最後という思いで書き進めました。1日5箱のたばこを吸いながらね。そうそう、書き上げたお祝いにプロデューサーが僕が吸っている銘柄のたばこを235箱、プレゼントしてくれたんですよ。都内のあちこちを駆けずり回って苦労して集めたそうです(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る