• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

水卜麻美アナ 「ヒルナンデス!」卒業は東京五輪に照準か

 好きな女性アナウンサーランキング4年連続1位、理想の上司1位、今や日テレの女王、水卜麻美アナ(30)が8日、「ヒルナンデス!」を9月いっぱいで卒業することを番組で報告。「まだ食べたいものがいっぱいあります! まだ2カ月いますので、飽きずにいてください」と6年半務めた番組を離れ、次は朝の「スッキリ!!」の顔に。水卜は以前から報道番組を志望していたというから念願がかなった形だ。

 しかし、主婦に絶大な人気の水卜アナの存在は大きく、広告収入で「ヒルナンデス!」は午後の情報番組のトップに君臨。しかし、今回の卒業を機に午後の情報番組は戦国時代に突入するという見方がある。対抗番組の「ひるおび!」(TBS系)は、一時は勢力を二分していたが、政治色が強すぎて主婦離れが進み、「バイキング」(フジテレビ系)の討論形式もやや飽きられつつあるからだ。それでも水卜アナを朝の顔に抜擢した背景にはフリー転身の慰留目的があるという。芸能リポーターの川内天子氏がこう解説する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る