城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

“がん公表”も悪くないと教えてくれた入川保則さんの生き方

公開日: 更新日:

 競泳の池江璃花子選手(18)の白血病告白、タレントの堀ちえみ(52)の舌がん公表と続き大きな話題になっている。

 池江選手と同じ白血病を2度も克服した俳優の渡辺謙(59)は、いち早く自分のことをふまえて応援のメッセージを池江選手に送った。他にも多くの人がメッセージを明らかにする中、僕ら部外者は闘病で苦労を重ねるであろう方々に、ただただ快癒を祈ることしかできない。

 僕は、大病と闘う方々の話を耳にすると、必ず思い出す人がいる。俳優の故・入川保則さんだ。大物俳優とまではいわないが、悪役から人情味あふれる役まで、どんな役柄もこなす名脇役だった。その入川さん、2011年の1月に医師から「余命半年」と宣告された。所属事務所の社長から極秘でそのことを聞いた僕は、それを公表して記者会見することを勧めたものだ。社長が入川さんに記者会見することを話すと、本人は「それは無理」といったん断ったという。記者が集まるわけがないし、それじゃカッコつかないというのが理由だった。それでも会見を強行してみると、テレビやスポーツ紙の記者が集まり、当の入川さんは、しゃべりながらホッとしたんだそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る