城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

“がん公表”も悪くないと教えてくれた入川保則さんの生き方

公開日: 更新日:

 競泳の池江璃花子選手(18)の白血病告白、タレントの堀ちえみ(52)の舌がん公表と続き大きな話題になっている。

 池江選手と同じ白血病を2度も克服した俳優の渡辺謙(59)は、いち早く自分のことをふまえて応援のメッセージを池江選手に送った。他にも多くの人がメッセージを明らかにする中、僕ら部外者は闘病で苦労を重ねるであろう方々に、ただただ快癒を祈ることしかできない。

 僕は、大病と闘う方々の話を耳にすると、必ず思い出す人がいる。俳優の故・入川保則さんだ。大物俳優とまではいわないが、悪役から人情味あふれる役まで、どんな役柄もこなす名脇役だった。その入川さん、2011年の1月に医師から「余命半年」と宣告された。所属事務所の社長から極秘でそのことを聞いた僕は、それを公表して記者会見することを勧めたものだ。社長が入川さんに記者会見することを話すと、本人は「それは無理」といったん断ったという。記者が集まるわけがないし、それじゃカッコつかないというのが理由だった。それでも会見を強行してみると、テレビやスポーツ紙の記者が集まり、当の入川さんは、しゃべりながらホッとしたんだそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  10. 10

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

もっと見る