小手伸也
著者のコラム一覧
小手伸也

1973年、神奈川県生まれ、早稲田大学卒。劇団innerchild主宰、作家、演出家、俳優、声優の何でも屋。現在はNHK連続テレビ小説「なつぞら」(アニメーション編)、8月8日スタートのドラマ「奪い愛、夏」(AbemaTV)に出演。秋口発表の連ドラレギュラーも含めて、さらなる弾みをつけたいともくろむ45歳。

ドラマ初出演の岡田結実はリアル女子高生にして主演女優

公開日: 更新日:

 3月1日、ついに情報が解禁となりました。僕的2大発表――「コンフィデンスマンJP」新作特番と、NHK連続テレビ小説「なつぞら」への出演! 今ノリにノッてると自称するつもりはありませんが、間違いなく荒波のようなスケジューリングにモミにモマれている、小手伸也です(今一番欲しいのは体力)。

 そのさなか、「私のおじさん~WATAOJI~」の撮影が先日無事クランクアップしました(最終回は今週8日放送、見てください!)。

 僕の数少ないドラマ経験の中でもかなり貴重といいますか、例えばコンフィデンスマンは〈強者どもが笑顔で戦う傭兵集団〉、SUITSが〈若者とベテランが切磋琢磨する職人集団〉だったとするなら、WATAOJIの座組みは端的にいえば、〈いろんな動物と出合えるサファリパーク〉でした。オールロケだし。

 これほど彩り豊かな素材をよくも同じ鍋に放り込んだなと思うくらいケンカを恐れない采配が、見事な生態系を再現したというか(例え話、迷走中)、とにかくスゴク面白い経験をさせていただきました。その中で誰よりもまぶしく見えたのが僕にとっては岡田結実ちゃんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る