青山佳裕
著者のコラム一覧
青山佳裕

1954年、東京生まれ。美空ひばりの時代から取材歴40年。現在も週刊誌などで活躍するベテラン直撃記者。

南果歩から渡辺謙の“恨み節”は一度も聞いたことがない

公開日: 更新日:

 平成の30余年、あまたの結婚離婚劇が繰り広げられた。南果歩もそう。平成7(1995)年にミュージシャンで作家の辻仁成と結婚し長男に恵まれるも、わずか5年で離婚。辻の不倫が原因と報じられた。

 そのまた5年後、平成15(2003)年1月に放送されたテレビドラマでの共演で渡辺謙と知り合い、約2年の交際期間を経て、再婚。出会った当時、渡辺は元夫人と離婚裁判中だった。厳密には不倫関係でのスタートだったが、離婚成立を待って入籍した。連名でのファクスには「互いに荒波を越えてまいりましたが、今、穏やかで豊かな時を迎えることができました」とつづられていた。

 交際中、1月20日の南の誕生日に渡辺謙は東京・四谷の、迎賓館近くにあるフランス料理「オテル・ドゥ・ミクニ」を借り切ってパーティーを開いた。南の母、長男の面倒もよく見て、なによりも南への思いを行動で見せ、人前でもはばかることがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る