ガリガリガリクソン50kg減量…激痩せは心臓死リスク3.5倍

公開日: 更新日:

〈何をしても痩せなかった私が、人生の全てを賭けた最後のダイエットにより、5ヶ月で122・4kg→75・1kg(47・3kg減)になりました〉

 お笑いピン芸人・ガリガリガリクソン(33)が2日に“激痩せ”を公表し、世間をアッと言わせている。

 反応は〈素直にここまで、痩せられたら凄いと思う〉などと、おおむね称賛の拍手が送られているが、その一方で、5カ月で50kg近くという急激なダイエットに〈維持するのが大変〉〈非常に危ない〉などと心配する声も少なくない。

 東京慈恵医大病院糖尿病・代謝・内分泌内科の坂本昌也准教授も「一般論ですが」と前置きして、こう言う。

「ダイエットは体重の5%を半年で減らすことを目標にします。急激なダイエットには、いくつかの弊害があるからです。たとえば、身体が飢餓状態になるため、今後は普通の人と同じ食事量でも太りやすくなる。心筋梗塞や脳卒中など病気のリスクを上げることは明らかで、骨粗鬆症を起こしやすくなりますし、ダイエットとリバウンドの繰り返しが『寿命を縮める』ことは、国際的に権威のある医学雑誌でも発表されています。皮膚がたるむなど、美容面でもよくないですね。そもそもダイエットで重要なのは、減量後の体重を維持すること。それができない過激な方法は、医師としてお勧めできません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る