ガリガリガリクソン50kg減量…激痩せは心臓死リスク3.5倍

公開日: 更新日:

〈何をしても痩せなかった私が、人生の全てを賭けた最後のダイエットにより、5ヶ月で122・4kg→75・1kg(47・3kg減)になりました〉

 お笑いピン芸人・ガリガリガリクソン(33)が2日に“激痩せ”を公表し、世間をアッと言わせている。

 反応は〈素直にここまで、痩せられたら凄いと思う〉などと、おおむね称賛の拍手が送られているが、その一方で、5カ月で50kg近くという急激なダイエットに〈維持するのが大変〉〈非常に危ない〉などと心配する声も少なくない。

 東京慈恵医大病院糖尿病・代謝・内分泌内科の坂本昌也准教授も「一般論ですが」と前置きして、こう言う。

「ダイエットは体重の5%を半年で減らすことを目標にします。急激なダイエットには、いくつかの弊害があるからです。たとえば、身体が飢餓状態になるため、今後は普通の人と同じ食事量でも太りやすくなる。心筋梗塞や脳卒中など病気のリスクを上げることは明らかで、骨粗鬆症を起こしやすくなりますし、ダイエットとリバウンドの繰り返しが『寿命を縮める』ことは、国際的に権威のある医学雑誌でも発表されています。皮膚がたるむなど、美容面でもよくないですね。そもそもダイエットで重要なのは、減量後の体重を維持すること。それができない過激な方法は、医師としてお勧めできません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る