松平健
著者のコラム一覧
松平健俳優

1953年11月、愛知県豊橋市生まれ。7人きょうだいの末っ子。78年、24歳の若さで「暴れん坊将軍」の主役を務める。2004年に「マツケンサンバⅡ」が大ブレークし、NHK紅白出場。新曲「マツケン・アスレチカ」(徳間ジャパン)を発表。

20代30代は相当飲んだが…最近は湯上がりのビールもない

公開日: 更新日:

 1975年に放送された「座頭市物語」(フジテレビ系)の制作発表の席上、松平は師匠の勝新太郎に怒鳴られた経験がある。

 しかし、それは集まった記者たちに「マツダイラケン」という若手役者の名を覚えさせるための勝新の策略だった。

 当時、松平は21歳。「太陽にほえろ!」(日本テレビ系)の犯人役など単発の仕事はあったが、レギュラーを取るまでには至っていない。

「確かに勝さんに怒られました。新聞記者に名前を売るためでした。勝さんというのは、“男が惚れる”というタイプの人。時代劇の殺陣は速くて凄みがありましたが、いったん仕事から離れると、ちょっと子供みたいなところがあって、面白いことがあると率先して楽しむような人でした」

 勝新は“好奇心”の塊であり、物事への興味は若さの秘訣にもなる。松平も「好奇心を持ち続ける」ことを勝新から学んだという。休日には映画館にも足を運ぶ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  2. 2

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  10. 10

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

もっと見る