松平健
著者のコラム一覧
松平健俳優

1953年11月、愛知県豊橋市生まれ。7人きょうだいの末っ子。78年、24歳の若さで「暴れん坊将軍」の主役を務める。2004年に「マツケンサンバⅡ」が大ブレークし、NHK紅白出場。新曲「マツケン・アスレチカ」(徳間ジャパン)を発表。

20代30代は相当飲んだが…最近は湯上がりのビールもない

公開日: 更新日:

 1975年に放送された「座頭市物語」(フジテレビ系)の制作発表の席上、松平は師匠の勝新太郎に怒鳴られた経験がある。

 しかし、それは集まった記者たちに「マツダイラケン」という若手役者の名を覚えさせるための勝新の策略だった。

 当時、松平は21歳。「太陽にほえろ!」(日本テレビ系)の犯人役など単発の仕事はあったが、レギュラーを取るまでには至っていない。

「確かに勝さんに怒られました。新聞記者に名前を売るためでした。勝さんというのは、“男が惚れる”というタイプの人。時代劇の殺陣は速くて凄みがありましたが、いったん仕事から離れると、ちょっと子供みたいなところがあって、面白いことがあると率先して楽しむような人でした」

 勝新は“好奇心”の塊であり、物事への興味は若さの秘訣にもなる。松平も「好奇心を持ち続ける」ことを勝新から学んだという。休日には映画館にも足を運ぶ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  6. 6

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  7. 7

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  8. 8

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    花田美恵子さん<3>フライト中に貴乃花から食事に誘われて

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る