松平健
著者のコラム一覧
松平健俳優

1953年11月、愛知県豊橋市生まれ。7人きょうだいの末っ子。78年、24歳の若さで「暴れん坊将軍」の主役を務める。2004年に「マツケンサンバⅡ」が大ブレークし、NHK紅白出場。新曲「マツケン・アスレチカ」(徳間ジャパン)を発表。

「一流の立ち振る舞いを」勝さんの教えで銀座通い2カ月

公開日: 更新日:

 役者の道を志す息子を母のいつさんは快く送り出した。

 ところが、松平が初めて主役を演じたドラマ「人間の條件」(フジテレビ系=1976年)を見て、役者をやめなさいと言わんばかりに心配したという。上官に殴られてばかりいる新兵の役だったため、本当に殴られていると勘違いしたらしい。

「私が子供のころ、母は父とよくケンカをしてましたね。父は結構な酒飲みで、それで命を縮めてしまったようなところもあります。大工の仕事を終えて帰ってくると、いつも飲んでいた。飲むのは日本酒ではなく焼酎ですよね。当時の焼酎はかなり安かったですから」

 1956(昭和31)年には25万キロリットルの生産量を誇った焼酎甲類は、高度経済成長とともに人気に陰りを見せ、10年後には生産量も半減している。その背景にはウイスキーの台頭があり、焼酎は肉体労働者が飲む酒のイメージがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る